読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜のバス停

八戸での夜。
バス停の横を通り過ぎる。
地元のお酒「八鶴」の広告が灯っている。
こんな小さなことでも地元を感じてほんわかとする。

チョット…?
ちょっとちょっとーっ‼
このバス停曲がってるよ!
曲がって生えてるよ!
坂道でもないし繁華街の真ん中だっつーのに、いいのかい?

でも、
これが八戸のいいところなんだよねぇ。
と、強引にほんわかモードに帰った八戸の夜でした。